排便は1日に何回あれば良いの?

排便は何回あれば良いのかと言うことなどについては以下の通りです。
排便は、1日1〜2回あるのが普通だと言われています。
ただ何回あるのかと言う点に関しては、個人差が大きいのが普通です。
これは排便にはその人の健康状態や精神状態、また摂取した食事の内容などが大きく影響をもたらすためです。
また高齢者の場合は、水分摂取量が少なくなること、様々な神経の機能が低下することから、この回数は減少傾向になるのが一般的です。
しかし排便で重要なのは、1日に何回あるかと言うことは勿論ですが、量や便の状態も加味する必要があります。
たとえば便秘は、排便が3日に1回程度である場合に便秘気味だと認識されています。
しかしたとえ毎日、便を出していたとしてもその量が食事量に比べて少なかったり、形状が兎の糞のような、水分のないコロコロとしてものであった場合には、それは決して健康的な便であるとは言えません。
そのため、便の状態によっては便秘状態にあると理解することができます。
ですから、まずは自分が何回、便を排出しているか、その回数は安定しているかどうかと言うことを把握します。
そしてその上で、次は便の量や形状を見るようにすると良いです。
そうすると自分が便秘なのかどうか、またトータルでの健康状態をある程度、判断することができます。

 

 

排便が一日に何度もある原因は?

排便の回数が一日に何度もある場合は腸に問題があることが多いのです。
一日の排便回数が2〜3回くらいであれば、問題がないとされていて、回数が多くても便が適度な固さであり色も茶色であれば問題ありません。
これは、食事の量や内容によって便の状態が左右されることや、体質にも個人差があるからです。
腸に問題がある場合の排便は、一日に何度も回数があり、便の状態も柔らかすぎたり固すぎたり、色も濃すぎたり薄すぎたりする状態です。
軟便やころころとした固い便が出る時は腸内環境のバランスが悪かったり、食物繊維の不足などが考えられます。
色は食べた食事に影響されることが多いのですが、肝臓や胃に以上がある時も色が変化することがあります。
また便に血が混ざっていたり、細い状態でしか便が出てこない時は腸の病気が原因となっている時もあるので注意しましょう。
排便が一日に何度もある時は便の状態を確認するようにし、いつもと違う時やなにか異常を感じた時は速やかに医療機関を受診するようにしましょう。
急に回数が増えた時は飲酒や喫煙、食事などによる生活習慣が影響している場合もあるので、それらを見直すことで改善される場合もあります。

 

 

良いタイミングってあるの?

排便のタイミングは、人それぞれ違いますが、同じタイミングで習慣づけることが大切です。
タイミングを逃してしまうと、便が固まってしまいさらに出にくくなってしまいます。
理想の排便とは、毎日出せばいいという訳ではなく、便の状態を見たらいいのです。
ウサギの糞のようにコロコロした便や、下痢のようなゆるい場合は健康的な排便であるとは言えません。
健康な便は、長さと硬さがきちんとあるものです。
コロコロした便の場合は水分が足りていません。
下痢のようなゆるい便は水分が足り過ぎています。
便秘とは、3日以上便が出ない状態のことを言います。
しかし、普段から出ている排便のタイミングが3日ぐらいなら便秘だとは言いません。
普段の排便のタイミングを把握しておくことが大切なのです。
便の状態がよくないことが続いたら、一度病院で診察してもらうのもいいでしょう。
下痢や便秘が続く場合は、病気が隠れている可能性もありますので放っておかない方がいいのです。
便秘や下痢を解消するためには、毎日の生活習慣を整えることが大切です。
便は健康を表すバロメーターにもなっています。
便の状態をしっかりと把握しておくようにしましょう。
出にくい方は排便のタイミングを整えるように気をつけましょう。

 

 

排便がうまくいかないなら

排便がうまくいかず、便秘の状態になっていると、気分もあまりよくなかったりすることもあると思います。
そういう意味では、便秘はなんとかして対処していきたいものの一つですね。
もしあなたが便秘に何らかのアプローチをしたいなら、便秘のお茶がオススメです。
関連サイトはこちらで紹介しています。
このサイトでは便秘の解消につながる、ごぼう茶の情報を紹介しています。
特に女性に便秘に悩まれている方が多いのですが、女性にやさしいのが「お茶」による便秘の解消法です。
興味のある方は、ぜひご訪問ください。

 

ごぼう茶の効果や効能は・ダイエットにも効果的